第1種社会福祉事業に株式会社を参入させるべきか、賛成の立場か

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数220
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第1種社会福祉事業に株式会社を参入させるべきかという論点について賛成の立場から論述したものです。(1200字以内)A評価をいただくことができました。
    講評としては「もう少し文や段落の構成を整理してみるといいでしょう」とのことでした。すっきりした文にできるかどうかなど、皆様の学習の参考にしていただければと思います

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1種社会福祉事業への株式会社参入に賛成する立場から述べる。
    第1種社会福祉事業とは社会福祉法第2条に規定される事業であり、
    老人福祉法における特別養護老人ホーム、児童福祉法における児童
    養護施設などが列挙されている。主に利用者が暮らす必要不可欠な
    生活の場として存在するため、経営破綻により利用者が路頭に迷う
    ことはあってはならない。そのため営業の自由よりも高い安定性と
    公益性の確保が優先されるのである。一方、第60条では第1種社会福
    祉事業の設置主体は国、地方公共団体、社会福祉法人とされる。戦
    前、民間篤志家によって発達した福祉が戦争遂行体制に組み込まれ
    た反省から、民間福祉への国家の介入を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。