社会福祉法等の成立により福祉の供給システムがどのように変化したか述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,294
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「社会福祉法等の成立により福祉の供給システムがどのように変化したか述べなさい」社会福祉基礎構造改革がもたらした福祉の供給システムの変化を福祉の運営という視点から整理する (1200字:※A評価)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成12年の社会福祉事業法改正・社会福祉法成立によって実行さ
    れた社会福祉基礎構造改革について概観しつつ、福祉の供給システ
    ムの変化について述べていく。
    戦後50年の間、基本的な枠組みがそのままであった我が国の社会
    福祉の基本的な構造は、急激な少子高齢化や経済成長の低迷など、
    とりまく環境の変化に十分対応できているものとはいえなかった。
    国が行政処分として行う福祉はパターナリズムに陥りやすく、多様
    化する国民の福祉ニーズに充分応えきれるものではなくなってきて
    いたし、また財政事情から鑑みて国が要望の全てを責任を持って丸
    抱えする余裕もなくなるなどのひずみを生み出していた。そのため
    時代に合わせ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。