地域包括支援センターの役割と課題について

会員1,296円 | 非会員1,555円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,501
ダウンロード数55
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    地域包括支援センターの役割について触れ、次に活動内容や現在展開されている状況を踏まえ今後の課題について述べる(1200字)※A評価

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域包括支援センターとは市町村が責任主体として設置する機関
    である。「地域住民の心身の健康の保持及び生活の安定のために必
    要な援助を行うことにより、地域住民の保健医療の向上及び福祉の
    増進を包括的に支援することを目的として包括的支援事業等を地域
    において一体的に実施する役割を担う中核的機関」というのが設立
    の趣旨である。地域包括支援センターは地域の福祉サービスの中心
    として位置づけられ医療・福祉・介護・法律等の各分野の専門職、
    市町村窓口等との連携を図る要としての役割が期待されている。
    設置は市町村より委託を受けたNPO法人や社会福祉法人、医療法人
    などが設置主体となり行っており、保健師、社会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。