日本の医療保険制度の概要について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数543
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本の医療保険制度の概要について説明し、その現状と課題を論じなさい(1200字)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本の医療保険制度は被保険者の疾病、負傷、出産又は死亡に関
    して必要な保険給付を行う社会保険であり、昭和36年以降は国民皆
    保険制度が達成された。日本は諸外国に比べ費用がかからずに効率
    的な医療を提供する医療保険制度であるとの評価がある。保険の種
    類には企業に勤める人が加入する健康保険、公務員対象の共済組合、
    私立学校教職員の私学共済、自営業や高齢者退職者などを対象とし
    た国民健康保険などがあり、日本の国民はそのいずれかの強制適用
    の対象となっている。保険の運営者は国民健康保険では市町村、健
    康保険では企業が設立した健康保険組合と全国健康保険協会という
    ようにそれぞれ異なっている。なお生活保護..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。