イタリア移民の歴史

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数19
閲覧数1,115
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    イタリア移民についての論文です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    イタリア移民の歴史 ~共生か排斥か~
    目次
    はじめに
    移民送出大国イタリア
     第1節 ヨーロッパにおける移民の動き
     第2節 イタリア国民の移民
       
    第2章 移民流入国への変遷
     第1節 イタリア移民の減少
     第2節 外国人労働者の流入
     第3節 移民と労働市場
     第4節 国内移民
    第3章 移民問題
     第1節 不法滞在
    ヤミ労働
    移民への差別と偏見
    第4章イタリア移民法
    移民法制定
    マルテッリ法
    トゥルコナポリターノ法
    ボッシ・フィーニ法
    おわりに
    参考文献
    はじめに
    地球の大きさは不変的だが、時代が進むにつれ世界は狭くなっている気がする。インターネットが普及し、地球の反対側で暮らす人とも簡単にコミュニケーションがとれるようになった。交通網も発達し、大陸から大陸への移動時間もどんどん短くなっていく。そのため、旅行で海外へ行くのはもちろん、職を求めて海外へ移住することも、この現代社会においては珍しいことではなくなった。
    イタリアはローマやフィレンツェの歴史地区をはじめ、最も世界遺産が多い国である。またルネサンス発祥の地であることから多くの芸術品があり、それらをひと目見ようと世界中から..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。