S0532 生徒指導・進路指導の研究(初等) A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数316
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介


    ほぼテキストから抜粋しています。あと、文科省から出ている生徒指導提要も参考にしました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明してください。
    小学校学習指導要領では、総則において指導計画の作成等に当たって配慮すべき事項として、「日ごろから学級経営の充実を図り、教師と児童の信頼関係及び児童相互の好ましい人間関係を育てるとともに、児童理解を深め、生徒指導の充実を図ること」と定めている。今日、不登校、いじめ、校内暴力、学級崩壊など問題が多様化する中、教師が教科を教える以外のことに、大きく時間をかけざるを得ない学校が増加してきており、教科指導と生徒指導の両者に均等に比重をかけなければならないことが伺える。
    このように生徒指導の内容が多岐にわたるなかで、生徒指導を成功に導く重要な方法として、教育相談がある。教育相談が重要な一則面たりうるのは、問題行動を取る者は心に何らかの満たされない思いをもっていることが多く、やみくもに問題を指摘して矯正しようとするよりも、教育相談的なアプローチによって子どもの気持ちを受け入れた上で指導を行うことが必要だからである。(テキスト39)
    教育相談は、一部の特別な知識と技法を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。