証券市場論 分冊1 日本大学通信教育部

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,229
ダウンロード数58
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    株式と社債の価格(プライシング)について詳しく述べなさい。

    資金調達の必要が出るとき、その調達する資本を負債とするか純資産とするかを決定しなければならない。
    これは資本構成、または負債比率の問題として資金調達の中心的課題である。
    この意味で、資本調達の際、それぞれの証券の市場における価格決定の理解が必要になる。
    投資家が企業の内的価値をもとに株価を設定する方法をファンダメンタルズ分析という。
    ファンダメンタルズは多くの投資家が利用可能で、算出根拠も容易であることが求められる。
    以下、経営者と投資家の間に情報の非対称性が存在しないことを前提として
    証券別にファンダメンタルズ分析による価格決定を説明する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    証券市場論 分冊1

    株式と社債の価格(プライシング)について詳しく述べなさい。

    ポイント
    価格(プライシング)であるので、数式をもって説明する。
    価格はゴードン・モデルまで展開するように努力すること。

    キーワード
    DDM、PER、利回り、デュレーション

    原稿
    資金調達の必要が出るとき、その調達する資本を負債とするか純資産とするかを決定しなければならない。
    これは資本構成、または負債比率の問題として資金調達の中心的課題である。
    この意味で、資本調達の際、それぞれの証券の市場における価格決定の理解が必要になる。
    投資家が企業の内的価値をもとに株価を設定する方法..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。