憲法 分冊2 日本大学通信教育部

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数441
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題
    違憲判決の効力について論ぜよ。

    違憲判決の効力とは、付随的違憲審査制のもとにおいて、最高裁判所によって
    法令違憲と判断された場合、その判決が違憲とされた法令、特に法律の効力について、
    憲法上どのような法的効果をもつか、ということである。

    この点に関しては、問題を区別することが必要である。
    第1は、最高裁判所の違憲判決は、法律をさかのぼって向こうとする効力をもつのかどうかである。
    違憲判決の時間的効力の問題である。
    第2は、裁判所の違憲判決が法令と同じ効力を持つか否かである。
    これは従来、「違憲判決の効力」として議論されてきたものであり、
    違憲判決は法令と同じ効力を持つとする一般的効力説と、
    あくまで当該具体的事件にのみ及びとする個別的効力説との対立がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    違憲判決の効力について論ぜよ。

    ポイント
    テキストを明確に詳論せよ。

    キーワード
    課題そのものを理解せよ。

    参考文献
    憲法学なら全て可

    現行
    違憲判決の効力について述べる。

    違憲判決の効力とは、付随的違憲審査制のもとにおいて、最高裁判所によって
    法令違憲と判断された場合、その判決が違憲とされた法令、特に法律の効力について、
    憲法上どのような法的効果をもつか、ということである。

    この点に関しては、問題を区別することが必要である。
    第1は、最高裁判所の違憲判決は、法律をさかのぼって向こうとする効力をもつのかどうかである。
    違憲判決の時間的効力の問..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。