憲法 分冊1 日本大学通信教育部

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,199
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題
    個人の自由および権利に対する制約について論じ、所感を述べよ。


    憲法が規定する個人の自由及び権利に対する制約について述べる。

    憲法の基本的原理の一つに、「人権尊重」がある。憲法はこの立場から、個人を尊重し、
    国民の自由及び権利に対して強い保障を与えている。ただし、この国民の自由及び権利は絶対無制限なものではない。
    基本的人権尊重主義は、自由主義と平等主義とから成るが、自由主義を修正するものとして福祉主義も含んでいる。
    憲法上の権利の行使が外部社会に関係を持つとき、社会或いはその成員に対して何らかの影響を与える。
    この影響が社会の共同生活において、無視できぬ害悪を与える危険性が認められれば、
    権利行使への制約が正当化される。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    個人の自由および権利に対する制約について論じ、所感を述べよ。

    ポイント
    テキストを明確に詳論せよ。

    キーワード
    課題そのものを理解せよ。

    参考文献
    憲法学なら全て可


    原稿

    憲法が規定する個人の自由及び権利に対する制約について述べる。

    憲法の基本的原理の一つに、「人権尊重」がある。憲法はこの立場から、個人を尊重し、
    国民の自由及び権利に対して強い保障を与えている。ただし、この国民の自由及び権利は絶対無制限なものではない。
    基本的人権尊重主義は、自由主義と平等主義とから成るが、自由主義を修正するものとして福祉主義も含んでいる。
    憲法上の権利の行使が外部社会に関係を持つとき、社会或いはその成員に対して何らかの影響を与える。
    この影響が社会の共同生活において、無視できぬ害悪を与える危険性が認められれば、
    権利行使への制約が正当化される。

    この権利の行使の制限について、憲法上の論理の構成が問題となる。
    これは「基本的人権の限界論」として論じられ、主に現行憲法12条・13条・22条1項・29条2項が規定する
    「公共の福祉」の内容、実..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。