在宅看護方法論 テスト対策用まとめ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数731
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    在宅看護方法論のテスト対策用まとめです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    在宅看護方法論 テスト対策用まとめ
    慢性腎不全
    発症要因
    慢性糸球体腎炎、糖尿病性腎症、腎硬化症、多発性脳胞腎などすべての慢性に経過する腎臓疾患が原因
    症状
    慢性腎不全の症状は病期にも分けられるが尿子祝力低下による夜間多尿、倦怠感・脱力感、高血圧、尿毒症症状、肺水腫などが起こる。
    ・予後
    透析療法をおもにする血液浄化法、および腎移植の進歩に伴い進化してきた。透析患者数の増加に伴い、長期生存の透析患者も増加し十分長期生存が可能になってきている。現在、慢性透析患者の死亡原因は心不全、脳血管障害、感染症が上位を占めており、これらの合併症を克服することが重要とされている。
    ・治療
    1-(1)
    日常生活管理
    腎臓への負担を軽減するため、過度な運動や疲労を避ける必要がある
    2-(2)
    食事療法 
    タンパク質の制限;タンパク質は分解されると7~8割が窒素を含んだ物質となり排泄する際、腎臓に負担がかかるため、制限が必要 適正量 27~39kcal/kg/日
    水分制限;腎不全になると尿が出なくなり、体内に水分が過剰に貯留し、循環血液量を増加させ、心臓や血管への負担を大きくするための水分制限が必要。
    塩分..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。