教員に求められる素質

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数199
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    A判定のレポートです。
    よければ参考にしてください.

    現代の『教員にもとめられる資質とはなにか』についてまとめたうえで、あなたはどのような教師になりたいかについて述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教員に求められる素質
    1.はじめに
    教員にとって不可欠なもの、それは教員は専門的でありながら、自分自身が教職に対して愛着を持ち、誇り、一体感に支えられた知識、技能の総体であると認識することである。この考えは昭和62年答申によって掲げられた資質的能力であると考えられ、今現在でも教師にとって基盤となる一般的資質だと言える。しかし、いじめ、登校拒否など大きな問題を抱える学校という大きな組織の中ではその一般的な教師の資質だけでは対応できなくなっている。そこで今後特に教師に求められる資質とは、何か考察してみる
    2.資質能力
    一つ目に地球的視野に立って行動するための資質能力である。これは、個人と地球や国家の関係についての適切な理解のことであり、人間尊重、男女平等の精神、思いやりの心といった豊かな人間性、更には国際社会で必要とされる基本的な資質能力、つまり考えかたや立場の相違を受容し、多様な価値観を尊重する態度などである。たとえば教員自身が児童・生徒に対して、『自分の思うようになる賢い子』などを感じてしまっては、知らず知らずのうちに子供たちから疑念を抱かれ、更にはできる子できない子等と、子供たちの間..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。