P6302 米文学史1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数131
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    佛教大学英米文学科B合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ」
     現代の文壇におけるミステリー作品は多々あるがその礎を築いたのは
    エドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe,1809-1849)であろう。享年40歳で亡くなったが彼の残した作品を考えれば、アメリカ最大の文豪であり名詩人であると言える。そして推理小説というものを初めて形にしたのも彼である。ポーの短編小説はそのほとんどが雑誌に寄稿されたもので、「怪奇幻想物語集(Tales of Grotesque and Arabesque,1840)」と「短編集(Tales,1745)」にまとめられており、それらの小説のテーマの分類は以下の3つである。1に恐怖を狙ったもの、2に美的あるいは詩的なもの、3に推理物である。1の恐怖を狙った作品では、「アッシャー家の崩壊(The Fall of the House of Usher,1839)」が有名である。古い友人を訪ねた男が、その友人の奇妙な館で体験する不思議な出来事を描いたものである。現実と幻想の交錯する中で、恐怖を狙った作品である。棺や家具による暗喩など様々な手法を用いている彼..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。