P6301 英文学史1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数336
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    佛教大学英米文学科B合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ロマン主義とは何か、またその担い手たちはどういう意味でロマン主義的なのかをそれぞれ述べよ」
     1798年、ウィリアム・ワーズワス(William Wordsworth,1770-1850)とサミュエル・テイラー・コウルリッジ(Samuel Taylor Coleridge,1772-1843)が共同で「抒情歌謡集(Lyrical Ballads,1798)」を発表した。この記念すべきロマティシズムの花が咲いた日から30数年間はロマン主義またはロマン復興の時代と呼ばれている。18世紀の終わりから19世紀の始めにかけて、ドイツやイギリスなどヨーロッパを中心に展開されたロマン主義の時代の代表的な文学は詩である。前時代の古典主義の理性を重んじた束縛を破り想像力を重んじる情緒の詩を咲かせた。そして、前世紀の文学や思想が無視した人間の感情的な部分や、非合理的な側面に向き合った。その特徴を絞るとすれば、時間的空間的に遠いものに対する憧れである中世趣味や異国情緒にそれは現れている。次に、自然と超自然に対する驚異と熱愛だ。神秘化された自然は超自然になった。さらには革命的精神もその特徴であろう。理想主義..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。