P6103英語学概論2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数380
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    佛教大学英米文学科B合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『現代の標準的英語と標準的米語の相違を具体例を挙げて論ぜよ』
     17世紀以降、英国の帝国主義政策の影響で、世界の様々な地域の言語が英語にもたらされた。そのため英語には様々な多言語からの借用語がある。 フランス語やギリシャ語などから由来する様々な単語が英語として存在している。その一方で、植民地化された地域の多くでは英語がそこに住む人々の母語もしくは第2言語となり
    今日の「世界語としての英語」の礎となったのである。それは言ってみれば本家イギリス英語からの「分家」とも言える。そして長い歴史の中で分家として他地域で使用される英語が、本家のイギリス英語とは異なる特徴を持って発展し、本家を凌ぐようになってしまった。その最たるものがアメリカ英語である。よく聞くジョークで、英国人がアメリカ人と会話をしていると、そのアメリカ人が、「あなたは英語がお上手ですがどちらで勉強されたのですか。」と聞いてきたというものがある。それほどアメリカ英語が世界で浸透してしまっているということの表れだろう。北米大陸に新天地を求めて1584年にアメリカ大陸に移住を始めた英国の人々。さらには信仰の自由を求めたピューリタンたちも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。