P6101英米文学概論.2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数170
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学英米文学科A合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『アメリカにおけるピューリタン文学の特色を書きなさい』
     アメリカ文学はイギリス文学とは違って伝統をもたないと言われる。17世紀からアメリカに植民地として移住したイギリス人たちの文学は植民地文学であった。彼ら移民たちの多くは宗教上、経済上の理由から新天地を求めて移住したいわゆる難民であった。厳しい環境の下で共同し、開拓をする生活の中、彼らの生活を支えて人々を繋いだのはアメリカ独特のピューリタン主義の精神であった。彼らはピューリタニズムの理想主義とアメリカの大自然の影響を受けたのである。ピューリタンとは17世紀にイギリス国教会の改革を唱えたキリスト教プロテスタントの大きなグループの一つである。彼らはイギリス国教徒(キリスト教)の改革を唱え、清教徒と呼ばれ、市民革命の担い手になったのである。その彼らの教義をピューリタニズムといい、その影響を受けた文学をピューリタン文学という。アメリカ文学を「アメリカ人によるアメリカ語で書かれたアメリカに関する文学作品」と定義するなら、それはイギリス人がアメリカに移住した後に、植民地文学として始まったものであると言えよう。彼らは様々な出版物を発行したが、その..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。