P6101英米文学概論1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数203
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『18世紀においてイギリスが他国に先がけて小説を生み出したのは何故かをイギリスの歴史とそれが生み出す社会を考察しつつ述べよ』

    佛教大学英米文学科A合格レポート 

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『18世紀においてイギリスが他国に先がけて小説を生み出したのは何故かをイギリスの歴史とそれが生み出す社会を考察しつつ述べよ』
     18世紀においてイギリスが他国に先駆けた小説の誕生にはどのような背景があったのか。そこには歴史や社会にいたるイギリスのという国をまず考察することが必要であろう。イギリスはわが国日本と同じく、四方を海に囲まれた島国でありながら、日本とは異なり完全に孤立せず、海の向かいの大陸の思想や制度・技術などを容易に流入することが出来た。その上でラテンやゲルマンのなどの文化の諸要素を結合し、独自の文化を形成
    していたのである。また、イギリスは立地が島国であることで、ヨーロッパ大陸の動乱や変革の波から
    イギリスは離れていたことが歴史上あったことがこの国の温床になったのである。
     イギリスの歴史においては、他のヨーロッパ諸国と同様に絶対王政の打破から市民が権利を持つことになる。1603年のエリザベス女王の死後にイングランド王位を継承したスコットランド国王であるジェームズ1世とその子チャールズ1世は、二人ともイギリスの制度や習慣に無理解でありさらには王権神授説を主張した。議会に理解..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。