社会福祉士及び介護福祉士法の改正について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,717
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    相談援助の基盤と専門職のレポートです。
    「社会福祉士及び介護福祉士法(2007年改正)の背景ならびに、改正点をまとめてください。」という課題に対するレポートです。

    90点をいただき、「大変よく記述できています」というコメントをいただきました。

    丸写しはやめてくださいね。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    19 87 年、社会福祉士及び介護福祉士法が成立し、社会福祉士は専門的知識と技術をもっ
    て福祉に関する相談援助を業とする者と定義された。その後、社会福祉の状況は大きく変
    化し、社会福祉士に求められる業務も拡大したことから、同法は 20 07 年に改正された。
    改正までの 20 年間で、社会が抱える福祉課題は大きく変容した。高齢者や子どもへの虐
    待、DV被害など生命にかかわる深刻な問題が社会現象化し、福祉利用者層も高齢者、子
    ども、障害者、受刑者、DV被害者、外国人、ワーキングプアなどと、多様かつ広範化し
    た。
    福祉にかかわる法制度や仕組みも大きく変わった。19 90 年の社会福祉関係八法改正では、
    地域在宅生活支援が強く推進された。一連の社会福祉基礎構造改革も社会福祉制度に大き
    な転換をもたらし、20 00 年には介護保険制度が、20 03 年には障害者支援費制度が施行さ
    れ、福祉サービスは措置制度から契約制度に移行した。また 20 05 年には、高齢者を地域
    で支える地域包括支援センターや、生活保護制度における自立支援プログラムが、翌年に
    は障害者自立支援法がそれぞれ施行され、利..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。