リハビリテーション医療について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数723
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    リハビリテーション医療について、包括的リハビリ、急性期リハビリ、回復期リハビリ、維持期リハビリ、地域リハビリについて差異が分かるように説明したレポートです。
    400字(20×20)3ページ分です。
    採点では、「優」をいただいたレポートです。引用文献付き。

    丸写しは絶対にやめてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    [テキストを入力してください]
    [テキストを入力してください]
    リハビリテーション(以下、「リハビリ」とする)医療は、発症からリハビリ開始までの時期や目的、内
    容等によって、急性期、回復期、維持期の3段階に分類されることが多い。また、地域全体でリハ
    ビリを捉える地域リハビリや、患者の全人的なQOL向上を目指す包括的リハビリがある。ここでは、
    リハビリの時期や目的、関係する人や機関の差異を示しながら、各リハビリについての説明を試み
    る。なお、その時期や内容は、個々の疾患や状態によって異なることがある。
    急性期リハビリは、発病後、医学的に可能な限り早期から行われる。目的は、廃用症候群や二
    次障害の予防と、早期離床、機能回復、基本動作の練習である。病状に応じたリスクを管理を十
    分に行いながら、座位・立位、早期歩行の訓練、摂食・嚥下訓練、装具を用いた動作訓練などを
    実施する。患者自身が体を動かせない場合は、理学療法士や看護師が患者の体を動かす受動
    的訓練がなされる。
    続く回復期リハビリは、発症後、2週目ぐらいから3ヶ月間、長くても6ヶ月間を目安として行われ
    る。目的は、ADLの向上と、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。