ソーシャルワークにおける「人と環境」への視点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,075
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「ソーシャルワークの視点として、「ソーシャルワークは人と環境を含めた全体に注目する」とあります。それはどのような視点なのかをまとめ、あなた自身が社会福祉士として利用者の支援に当たる際、具体的にどのように生かしたいか記述しなさい」という問題に対するレポートです。90点をいただきました。

    400字(20×20)3ページ分です。 採点では、「優」をいただいたレポートです。引用文献付き。


    絶対に、絶対に、丸写しはやめてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    今日的なソーシャルワークでは、「人」は、環境の中で、環境と相互に作用し、環境と
    影響を与え合いながら生存するもの、と捉えられている。一方、「環境」とは、人や動物
    にアフォーダンス(価値)を与えるものであり、人との間でシステムを形成しているものと
    理解される。「環境」はまた、『自然環境』や『家庭環境』というような単語から一般的に
    連想される物質的・社会的な要素だけではなく、「人」と作用しあうものすべてと認識さ
    れている。ほとんどの場合、ソーシャルワークにおける「環境」は、「状況」という言葉に
    置き換えることができる。
    それでは、ソーシャルワークで重視される「人と環境全体に注目する視点」とは、どの
    ような視点であろうか。上述したようにソーシャルワークでは、人と環境は相互に作用し
    あうものと認識されている。よって、クライエント(人)に起こる問題も、クライエントを取り
    巻く環境からの影響や、その環境との間にある相互関連性などが総合的・包括的に理
    解される必要がある。ソーシャルワークでは、「人」は常に「環境(状況)」のなかにいる
    のであり、問題とは人と環境(状況)の不適切な交互作用に起因して発..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。