社会福祉現場における記録の意義について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,480
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成通信過程のレポートです。社会福祉現場における「記録」の意義について説明しています。400字(20×20)3ページ分です。 採点で、「優」をいただいたレポートです。引用・参考文献付き。

    絶対に、絶対に、丸写しはやめてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    福祉現場で提供されるサービスの多くは、「見えない」あるいは「見えなくなる」サービスである。これを「見える」形にすることが記録である。福祉現場で作成される記録は、活用目的が明確に設定されている。また、その目的に見合った作成手法を用いて、個人情報保護や人権侵害に留意しながら、必要な内容が記載される。記録は、さまざまな場面で活用されてはじめて、意義を発揮する。
     記録の意義としてはまず、援助者のために活用されることにある。援助者は記録を作成し、記録を読みながら、自らの援助内容を自己内省する。利用者に行った援助や面接技法は適切であったか、ラポールの形成はできたかなど、記録を用いて振り返る。また、援..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。