地域福祉の理論と方法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数748
ダウンロード数6
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    総合的な社会サービスが重視される中で、利用者が自立するための地域サービスについて論じなさい。

    絶対に、絶対に、丸写しはやめてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     利用者が自立するための地域サービスについて論じるにあたり、まず「自立生活」とは何かについて考えてみたい。従来の「自立」の概念では、とかく経済的自立が重視されがちであった。しかし現在の「自立」の概念は、労働的・経済的自立のほかに、精神的・文化的自立、身体的・健康的自立、社会関係的・人間関係的自立、生活技術的・家政管理的自立、政治的・契約的自立がそれぞれ相互的に、かつ有機化して展開している状態だと言われる。さらに、ICF(国際生活機能分類)の視点を踏まえると、利用者が自らの能力をどれだけ生かした活動を行い、社会・経済・文化その他でどれだけ多様な参加ができるかが重要だといえる。「自立」についてのこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。