日本最大のレポートサイト HAPPYCAMPUS

検索オプション
  • 私のホーム
  • 私の資料
  • 管理ツール
  • 資料広場
  • アップロード

相談援助の基盤と専門職 権利擁護

540 販売中
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,331
ダウンロード数19
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    権利擁護の定義や種類について説明し、権利擁護の事例を挙げ、考えをまとめなさい

    絶対に、絶対に、丸写しはやめてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     権利擁護とは、自らの権利や要求、主張が表現できないために、社会的・法的な不利益を被っている人、苦境に置かれている人々を弁護し、代弁することである。
     ソーシャルワークにおける権利擁護は、個人や家族を対象とするケース・アドボカシーと、同じような問題に直面する集団を弁護するクラス・アドボカシーに大別される。
     ケース・アドボカシーでは、本来、享受する権利があるサービスや扶助をクライエントが正当に受けられるように、彼らをエンパワメントしたり、直接支援したりする。またクラス・アドボカシーでは、同種の問題やニーズを有するクライエントグループの人権や権利を守るために、社会的な活動を行う。社会に意識変革を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。
    広告