現代社会と福祉 福祉供給部門

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,529
ダウンロード数34
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    各福祉サービスの供給部門(公的部門、民間部門、インフォーマル部門)についてそれぞれの特徴を簡単に述べよ

    絶対に、絶対に、丸写しはやめてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    少子高齢社会を迎えた現代日本社会において、福祉のニーズや対象者は多種多様化かつ広範化している。それに伴い、福祉サービスを供給する主体も多様化かつ増加しており、それぞれの特性によって、公的部門、民間部門、インフォーマル部門などと呼ばれている。
     まず、公的部門として挙げられるのが国や地方自治体である。公的部門にはセーフティネットの役割があり、経済的、環境的理由などで、民間やインフォーマル部門のサービスを利用できない人々を救済する責務がある。また、民間部門が採算性が低いなどの理由でサービスを供給できない場合にも、人々の生活保障のために必要なサービスであれば、それを開発し、提供する役割を担っている。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。