言語論 日本語の難しさ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数358
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    言語論 日本語の難しさ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     私は日本語母語話者である。初等教育から外国語教育として英語を習っているため人並みレベルには文章を書けるし読める、そして発音も上手くはないができるほうだ。私の母語である日本語と外国語である英語では、難しさの違いがあるように感じる。だが、中等教育高等教育での英語脱落者がたくさん出るように、外国語はどれも難しく思えるが私が前期の授業で仲良くなった留学生は日本語がとても難しいと言っていたのである。その難易度の違いとは何なのか調べることにした。
     
     言語の習得難易度は学ぶ対象とする言語と母語(第一言語)と間のあらゆる言語学的関係、および個々人の資質や学習環境に大きく作用されるため、一概に議論することはできない。学習者の生活する文化的背景、接触してきた言語(第二言語、etc.)によっても習得難易度は変わるため、世界中の人々に普遍的な世界一難しい言語というものは存在しない。ただ、英語を母語とする者にとっては、日本語は最も習得が難しい言語のひとつであることは確かなようだ。
     まず1つめに日本語は物によってつける単位が異なり、また種類が多いということが挙げられる。英語では単位といっても重さや長さを表..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。