教えあい学びあうネットワークに構築について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数106
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    海外、主にアジアで事業を行う日本企業が抱える問題について原因と対策を述べました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教えあい学びあうネットワークに構築について
    海外、主にアジアで事業を行う日本企業が抱える問題として、労働者が習得した技術を教えようとしないため技術の伝搬がうまくいかないことがあげられる。
    これは、その地域の文化が影響していると考えられる。日本では、昔から、職人技や地位を弟子や子に後継させる文化があったように、自分が作り出したものや授かったものを伝授する文化があった。そのうえ現代では、所得に余裕がある人が多かったり、社員となれば、企業をよりよくしようしたりなど、後輩を育てる文化がある。その技術を周囲に教えることで仕事やの効率化を図り、後継させて企業がより長期的に生きていけるよう貢献する。しかし、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。