セクシャルハラスメントの日米認識ギャップ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数133
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    女性文化差別組織システム価値観男性価値

    代表キーワード

    文化

    資料紹介

    日米間では、セクシャルハラスメントに対して違う認識が存在することについて、自分の意見を述べました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    セクシャルハラスメントの日米認識ギャップ
    セクシャルハラスメントを受けるということは、異性から性的な面で不快な思いをさせられるということである。異性のプライバシーに入り込みすぎることや、身体を触るなど、主に男性から女性に行われる例が取り上げられる。セクシャルハラスメントの中には、その容姿や、そもそも女性であることによって、(またはまれに男性であることによって)就職させなかったり、上司への接待を強要させたりなど、労働上の待遇に差をつけるようなものもある。本人の意思に反して行われていれば、これは明らかに性的な理由で人権を侵害されている。このように、セクシャルハラスメントの延長線として、性差別へとつ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。