情報社会論レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数419
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    情報社会論第2回レポート
    コンピュータ・ウイルスの種類
    ―GENOウイルスについて―
    1.はじめに
    インターネットを利用する人にとってまず知っておくべきことは、「どのようにしてパソコンを深刻な脅威から守るか」ということだと思う。その脅威は様々だが特に基本的なことは、「コンピュータ・ウイルスへの対処」であると思う。それさえしっかりできていれば、何の問題もなく楽しくネットを利用することができるだろう。
    2.ウイルスの種類
    マルウェア(悪意のあるプログラム)の種類は時とともに膨大な数に達している。ここでは代表的な3種類のマルウェアを説明していく。
     
    まずは1つめの「ウイルス」についてであるが、これは他のプログラムに寄生、感染するプログラムで、何か別のプログラムの一部として自分をコピーし、宿主のプログラムが動作するのにまぎれて増殖するようなものだ。この増殖する様子が、医療などの実際のウイルスが宿主の細胞を頼りにして増え続ける状態に似ていることから、このように名付けられた。
     したがってウイルスというのは、自分だけでは生きていくことができず、必ず媒体が必要になってくる。コンピュータ・ウイルスの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。