アフリカ総合b課題レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数271
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アフリカ総合b 課題レポート
    「南アフリカ共和国のワイン産業」
    1.はじめに
     近年、南アフリカ共和国は新世界ワインの注目株とされるようになってきています。国内のワイン産業が著しく成長してきており、ワイン産地国であるフランスにも引けをとらないようになってきています。
     今回、その南アフリカ共和国のアフリカ産業についての発展について調べてきました。
    2.ワイン産業の歴史
     南アフリカ共和国のワインは、オランダ入植直後の17世紀半ばから南アフリカ・ケープ地方で初めて生産が行われており、実に約350年の歴史があります。その後、フランスから亡命してきたキリスト教徒ユグノーのブドウ栽培者たちがケープ地方に定住し始め、フランスの栽培技術を伝えました。1778年にはデザートワイン(食後に飲む甘口のワイン)の「コンスタシア」が誕生し、ヨーロッパ貴族らの間で名醸ワインとして人気を得ました。
     このようにワインの生産は順調だったのですが、その当時はアパルトヘイト時代に入っており、南アフリカは国際社会から経済制裁を受けていたため、ワインの輸出が限られていました。そのせいで、南アフリカ共和国のワインは表にでる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。