幾何学概論リポート第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数419
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    この資料は、C評価資料です。所見では、「問4以外はできております。問4は再検討してください。」とあります。
    C評価とはいえ、問の75%は正解です。問題変更(2012年5月以降)の可能性があるので、難しい幾何学概論のリポートを作成するためにも、参考にして欲しいと思います。記号も数式3.0を使って丁寧に作成しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    を集合Xから集合Yへの写像、 を集合Yから集合Zへの写像
    とする。つぎのことがらを証明せよ。
    (1) および が単射ならば と の合成 も単射である。
    (2) およびが 全射ならば と の合成 も全射である。
    (3) で ならば、 である。
    つぎの問いに答えよ。
    (1)命題 について、 を証明せよ。
    (2)集合Xとその部分集合 について、
    となることを、上の(1)を使って証明せよ。また、図を使って説明せよ。
    集合Xから集合Yについて、XからYへの全射f:X→Yが存在るすとき、 であることを証明せよ。
    の無限列全体の集合をXとする。すなわち
    集合族 とおくとき、
    となる。
    テキストの「実数の集合..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。