佛教大学 S0534 教育相談の研究 B判定リポート レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数168
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【B判定リポート】
    『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。』
    テキスト範囲が広く、片手間では出来ないリポートです。今後の課題についての考察部分を加えれば、A判定が可能になると思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。
    一.学校カウンセリングの意義
    学校の中で、不登校、いじめ、校内暴力、ひきこもりなど児童・生徒に対する一連の教育問題が表面化している。これまでは問題行動を起こした児童生徒に対して教師だけでこれらの問題に対応してきた。しかし、ある中学生の調査で、「何か悩みがあった時、誰に相談するか」という質問に対し、一位が友人・先輩で40.2%、二位が31.4%、そして三位が教師で6.5%となっており、生徒の側から教師を相談相手としてはほとんど見ていないという結果が出ている。それは、生徒にとって、教師という立場の者に対し、ある時は相談相手、あるいはカウンセラーという立場として見るのは非情に困難であり、矛盾が生じていることを示している。不登校が毎年増加し、いじめによる自殺が頻繁に起こり、深刻な暴力事件が起こっている現在の学校現場の状況があり、また、教師が熱心に関わり信頼関係を築こうとしても容易に関係やつながりをもてず、突然切れて教師に暴力を振るう児童・生徒を理解出来にくくなっている状況で、個々の子どもたちを理解し、個性を尊重しながら教育を行..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。