佛教大学 S0532生徒指導・進路指導の研究(初等)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数230
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設 題「小学校において教育相談を行う場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかを取り上げて説明してください。」のA判定リポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題
     ⇒小学校において教育相談を行う場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかを取り上げて説明してください。
    1.はじめに
    現代社会の変容の中で、家庭の教育力や地域の機能が低下するとともに、児童生徒の抱える問題が多様化し、深刻化する傾向も見られる。こうした様々な問題に対して、学校が対応しなければならない状況になっている。また、社会の変化は、教員や児童生徒にもストレスの増大を招いている。 昨今の問題行動や少年非行等は、様々な要因が絡み合って発生していることが多い。また、児童生徒が内面にストレスを抱え込みやすく、なおかつそのストレスに自力では適切に対処できないケースも多い。このため、それまで問題行動や非行歴のない児童生徒、いわゆる普通の子や良い子と呼ばれている児童生徒が、突然重大な犯罪行為を犯すケースもある。このようなことを背景として、学校教育においても生徒指導上の諸問題は、極めて多岐にわたるものとなっている。基本的な生活習慣の定着や規範意識の醸成など日常の生徒指導上に関する課題とともに、いじめの深刻化、暴力行為等の問題行動、不登校、薬物乱用など心や命にかか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。