佛教大学 S0536人権(同和)教育

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数470
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    設題「50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校教育における同和(人権)教育実践のあり方を具体的に論述すること。」のA判定リポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題
     ⇒50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校教育における同和(人権)教育実践のあり方を具体的に論述すること。」
    同和教育史の歴史
    同和とは、人々が融合すること。特に部落解放に関して、差別視をなくすことをいう。では、なぜ同和教育が行われなければならなかったのだろう。戦後に振り返って同和問題について書いていく。
    1-1.同和教育について
    同和教育とは同和問題(部落差別)を解決するための教育活動全般のことをいう。すなわち同和地域内の児童・生徒を対象とした学校教育、もしくはそれを補完する取組みという意味だけではなく、他地域の児童・生徒に同和問題の存在を認知させ解決に向けた取組みを実践したり、また父兄などの一般社会人をも対象とした啓蒙的な取組みを探ったりというような幅広い教育活動のことである。
    1-2.同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践のあり方
    同和問題の解決に果たす同和教育の役割は二つある。一つは、部落差別によって奪われていた「教育を受ける権利」を保障することである。例えば戦後の京都市の同和教育は同和地区児童・生徒の長期欠席・不就学の取組..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。