佛教大学 S8105理科教育法II

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数240
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題「(1)子供たちが生活している「地域の自然」を教材化する必要性を2つの観点から解説せよ。
    (2)そのうちの1つの観点から、あなたが居住している地域の自然を教材かした事例(授業の展開例)を示せ。」のB判定リポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題
     ⇒(1)子供たちが生活している「地域の自然」を教材化する必要性を2つの観点から解説せよ。
    (2)そのうちの1つの観点から、あなたが居住している地域の自然を教材かした事例(授業の展開例)を示せ。
    はじめに
     理科教育とは人間形成の一部である。子供が自然に働きかけて、自然からさまざまな情報を受け取り、自然を認識していく過程で人間成長を推し進めるために行われえる。人間形成を行う上での理科教育には4つの目標がある。(1)豊かな感性を伴った知性を持った子どもを育てる。(2)手に道具を持って、自然に働きかけることができる子どもを育てる。(3)力を合わせて自然に働きかける楽しさを知る子どもを育てる。(4)自然と人間のかかわりを考えることができる人間を育てる。
     理科教育においては子供が自然に触れることが大前提である。このレポートでは自然と子どもの関わりあいについて書いていこうと思う。
    「地域の自然」の教材化の2つの必要性
    平成20年度海底の学習指導要領では指導作成に当たり、「各学年の内容を通じて観察、実験や自然体験、科学的な体験を充実させることによって、科学的な知識や概念の定着を図り、科学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。