佛教大学 S0534教育相談の研究

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数80
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設 題「学校カウンセリングの意義・方法および今後の課題について述べなさい。」のA判定リポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題
     ⇒学校カウンセリングの意義・方法および今後の課題について述べなさい。
    はじめに
     不登校・いじめ・飛行など学齢期にある子供たちの行動が学校の問題としてのみでなく、広く社会現象としてとらえられるようになった。これらの問題に対して教育的関わりだけでなく、カウンセリング的関わりの重要性が叫ばれている。カウンセリングの理論や技法、またその実際問題を学習することによって、現在の子供たちの心のありようの理解を深め、少しでも問題行動の軽減させることにある。このレポートでは、カウンセリングの基本、学校とカウンセリングの意義と、そして、学校カウンセリングの今後の課題について書いていこうと思う。
    カウンセリングの基本
    カウンセリングとは対象者の内面に深く立ち入り、自己を深く見つめなおさえることにより、その日と本来の自己を見つけ出す手助けをすることを目標にしている。
    カウンセリングという言葉は20世紀中ごろに使われ始めた言葉であるが、もともとその概念は、広い意味では、人が日常生活を営む上で生じる悩みに対して相談や指導するということであった。古くは僧侶や神職者に対して行う悩みの相談や講を中心とした話..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。