アルコ-ル依存症診断基準

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数245
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    アルコ-ル依存症診断基準について
    ・ CAGE法英国で開発された見分け方で、お酒で肝臓や消化器系に問題を抱えた患者に対して医師が実施するテストのひとつです。1. 飲酒量を減らさなければいけないと感じたことがある2. 他人にあなたのお酒の飲み方を非難・注意されたことがある3. 自分の飲酒について罪悪感を感じたことがある4. 神経の高ぶりを押さえたり、二日酔いを治そうと迎え酒をしたことがあるもしも上記の項目に2つ以上「はい」と答えた場合、アルコール依存症の疑いが濃厚です。またICD-10というWHOが作った診断基準もありますので試してみてください。・ ICD-10WHO(世界保健機関)が作成した診..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。