老年期における身体的・精神的・社会的発達について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,884
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       看護学レポ-ト
    老年期における身体的・精神的・社会的発達について
               
       
               
    老年期とは:人生最終のステージ・円熟期・死をもって終結
    エリクソン:老年期の発達課題★
    体力や健康の低下に適応する
    引退や収入の減少に適応する
    配偶者の死を受容する
    同世代の人々との率直な友好関係を確立
    社会的公民的責任をはたす
    満足のいく生活環境を確立する
    新老人=健康で豊かな高齢者
    平均寿命
    男性78.53歳
    女性85.49歳
    65~74歳:young-old前期老年期
    →2682万人(21%)男女比7;10
    75歳以上:old-old後期老年期
    →1217万人
    身体的機能の変化
    老化は生理的機能の不可逆的な低下であり、個人差がある
    回復力、予備力、防御力、適応力の低下を来す
    実質細胞の減少、各臓器の萎縮により生理的機能は低下をするが、全てが同時に起こるのではなく、保持される機能もある。
    運動機能、感覚機能の変化★
    作動性が最も早く低下する
    立ち直り反応の低下、重心動揺の増大、感覚機能の低下などが起こる
    関節可動域の制限により転倒しやすくなる
    筋力は40..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。