尿検査について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数653
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                   看護レポ-ト
    尿検査について
               
       
               
    尿検査
    尿中の成分を検査することにより、腎・尿路系、もしくは腎前性疾患を推測する。
    尿生成の大きな目的は、体内の老廃物を対外に排出することである。
    尿中に排泄される成分や量は、病気になると変化することが多く、これらの物理的性質、形態学的性質を調べることによって各種疾患の診断、予後の推定や治療法の判定にも重要な指標となる
    検査の目的
    尿中に含まれる蛋白・核酸代謝の終末産物や中間代謝物、諸種の有機、無機塩類、電解質、解毒物質、微量のビタミン、ホルモン、尿中有形成分の出現状況を見ることで、腎・尿路系の疾患のみならず、心、肝、内分泌その他諸器官の機能や病態を知ることができる。
    尿は採取が容易であり、患者に苦痛を与えることなく繰り返し検査でき、利用価値が大きいので臨床上極めて重要である。
    採尿における注意点
    一般定性検査や形態学的検査は早朝尿または随時尿を用い、中間尿を採取する。中間尿とは放尿の最初と最後の部分を捨て、中間の部分を採取した尿である。
    尿を放置すると成分変化が生じる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。