体位交換について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,729
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                  基礎看護技術
    体位交換について
               
       
               
    基礎看護技術:体位交換
    目的:体位変換は、自力で動くことのできない患者の身体を動かして姿勢や向きを変えることにより、同一体位によって出現する苦痛や影響を軽減するために行う。
       視野が変化するため、気分転換を促すことにもなる。
    日常生活における活動・動作を助ける
    安楽を図る
    褥瘍・筋萎縮・関節拘縮・呼吸器・循環器の合併症を予防する
    治療・検査に適した体位とする
    適応:意識障害、関節可動障害、筋疾患、神経疾患、疼痛、術後の絶対安静などで自ら体位を変えることができない患者。
    手順 根拠・留意事項 観察
    ①患者の状態を観察する
    ②アセスメントして、どのような体位変換をするのか決定する。
    ③体位変換の目的と方法について患者に説明する。
    ④人員、作業スペースを確保し、環境を整える。ベッドのストッパーがかかっていることを確認する。また、輸液ラインや酸素カニューレ、尿道留置カテーテルなどの長さにゆとりがあるかどうかにも留意する。
    ■体位変換の実施
    1.仰臥位での水平移動
    ①患者を移動..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。