上部消化管内視鏡について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数281
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    上部消化管内視鏡について
               
       
               
    上部消化管内視鏡
    目的→軟性内視鏡(ファイバースコープ)を口腔内から挿入することにより、食道・胃・十二指腸・の観察と、直視下生検(組織検査)を行う。
    適応→
    ①炎症性病変(びらん・潰瘍など)の有無、程度の観察・診断、
    ②潰瘍性病変(ポリープ・潰瘍など)の有無、程度、組織診断、進行度の観察
    ③食道静脈瘤の観察、診断、治療
    看護技術の手順
    検査前日まで
    患者への説明
    検査の説明と同意の確認
    ①医師から検査の目的や内容について説明を受けているか、患者がどのように理解しているのかを把握して、分かりやすく説明する。 
    同意書を確認する。
    {内視鏡検査について医師からどのような説明をうけましたか}
    {分からないことや、心配なことはありますか}
    {口から管状のカメラを入れて食堂や胃を観察します。写真撮影したり、組織の一部をつまんでごく少量取ることがあります}
    ②・既住歴の確認
    検査に関する情報を、問診表やチェックリストを使って確認しておこう。
    既住歴(前立腺肥大、心疾患、緑内障、糖尿病、肝臓病、腎臓病、血液疾患などの有..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。