経管栄養法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数678
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    基礎看護技術
    経管栄養法について
               
       
               
    経管栄養法とは
    胃内または、小腸上部(空腸)に留置した消化管チューブ、栄養チューブを通して、経腸的に流動食を注入する方法である。
    目的・・・経管栄養法は食事や水分を経口的に摂取できない場合、また活動に必要な食事が十分に摂取できない場合に、栄養チューブを介して積極的に栄養を管理する目的で行われる。最終目的は経口摂取である。
    適応・・・
    炎症性腸炎などの消化器系の内科疾患
    口腔、食道、胃、大腸手術前後などの栄養管理
    嚥下障害のある患者
    意識障害のある患者
    精神障害その他の理由で摂取障害を持ち、体力が消耗している患者
    未熟児などで吸畷・嚥下力が不十分、または体力消耗を防ぐ場合
    咽頭癌、食道癌、癌末期の患者
    吸畷により心負荷がかかる患者
    クローン病、潰瘍性大腸炎などの安定している時機にある患者
    そのほか栄養管理が必要な患者
    イレウスや消化器疾患急性期では禁忌である。
    栄養治療の決定
    種類の選択
    チューブの挿入方法は、疾患または目的によって異なる
    チューブを口腔または鼻腔から胃や腸まで挿入する方法
    胃瘻..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。