回復期の看護について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,079
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    看護実習用レポ-ト

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    回復期の看護について
               
       
            
    回復期・リハビリテーション期の看護
    ①回復期とは
    生命の危機状態である急性期から脱し、身体の治癒家庭が回復に向かって進行している時期であり、入院から退院に向けての範囲にある。
    ※身体面だけでなく、心の状態や社会関係のあり方に大きく影響を受ける
    ②リハビリテーション期とは
    リハビリテーション:再び適したものにすること
    リハビリテーション看護:日常生活動作(ADL)の自立を目的にしておこなわれる看護
    「リハビリテーション看護とはリハビリテーション過程の促進を目指し多職種チームによるアプローチのなかで、身体的または精神的障害・慢性疾患、老化に伴う生活
    の再構築に直面した人々を対象に可能な限りの自立と健康の回復・維持・増進によって生活の質を向上させるために、看護師の専門的な知識をもって行うケアである」
    全人的な回復・・・身体的~名誉回復
    ③回復期にある患者の特徴
    病院の治療中心の環境から生活中心の環境へ戻る準備段階にある。
    合併症や2次障害の危険性。
    心身ともに不安定な健康状態にある。
    <心理過程>
    衝撃:不安・パニッ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。