グローバル化と日常生活

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数222
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『グローバル化と日常生活』
    《アンチエイジングに見るグローバリズム》
    緒論 
     本論文ではジャック・アタリの『反グローバリズム-新しいユートピアとしての博愛』で主張された、反グローバリズムの過程で生じる諸現象が日常の生活にどのように見出せるかを検証する。
     また、著者の主張がどのように裏付けることが出来るか資料を用いて確認し、そこから得られる見解に私見を交え、ジャック・アタリの論じる現象について述べたい。
     本論
      ジャック・アタリは『反グローバリズム-新しいユートピアとしての博愛』の『不滅思想の将来』においてグローバル化の推進によって科学技術とナショナリズムの高揚が衝突する未来を受け入れざるを得ない人々の間にはユートピアを希求する動きが盛んになると述べている。
    ここでジャック・アタリがいうユートピアとは、キリスト教が理想とする様な全人類の平等な共同体を指している。
     ユートピア思想はグローバル化に抑圧された生活を変えることが不可能な状況に面した人々が絶対的な自由主義に陥る現象である。そしてその傾向を現代の政治、経済、文化に於いてみることが出来る。
     その様な例として、ジャック・アタ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。