「エリザベス―世紀の愛」鑑賞評

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数147
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    《『ヴィクトリア女王―世紀の愛―』考察》
                                     
    本作品を鑑賞して何よりも感じたのは、この映画がラブロマンスというジャンルに分類されるものではないのではないか、ということだった。確かにストーリーの主眼はヴィクトリアとアルバートが結ばれる点にある。しかし本作品を観終わった後、恋愛物語であるかのような宣伝や「世紀の愛」という副題に違和感を覚えた。なぜなら、私は本作品から成長の物語という印象を受けたからである。幼少より抑圧されてきた少女が“ゲームのルールを学び”政略結婚によって幸福を手に入れ、自立した一人の大人に成長を遂げる物語、それが本作..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。