博物館実習 新派展レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数151
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    感想文

    代表キーワード

    感想文博物館実習

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    《早稲田大学坪内博士記念演劇博物館―新派展》
    《早稲田大学坪内博士記念演劇博物館―新派展》[2009年10月1日(木)~11月15日(日)]に早稲田大学坪内博士記念演劇博物館で行われた『新派展―館蔵品で辿る二十年の歴史』を11月7日(土)に訪れた。
    新派とは明治21年に角藤定憲が創始した演劇の流派で、主に庶民の姿を描いた作品で多くの著名な女形を輩出している。この展示も歴代の女形を紹介する形で進行する。
    本展示では二つの展示室に渡って展示が行われ一階の特別展示室では新派の成立から明治前半までを扱い、二階の企画展示室Ⅱでは明治後半から現代までを扱っていた。資料については副題に「感蔵品で辿る」とある..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。