国家形成論レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数117
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    法学憲法

    代表キーワード

    法学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『国家形成論』レポート 
    《象徴天皇制の将来とその議論に関して》
    緒論 
     本論文では戦後より日本に導入された象徴天皇制に対ししばしば言及される矛盾点についての分析を通じて、象徴天皇制が将来どのように展開するべきか提案したい。
     我々の日常に溶け込んでいる、天皇を初めとした象徴天皇制の妥当性について、疑問を投じるだけでなく建設的な在り方を検討することが本論文の主眼である。
     そのためにまず、象徴天皇制の成立過程を概覧していきたい。その上で象徴天皇制が指摘される矛盾点をまとめる。そして最後に象徴天皇制の在り方について勘案を述べ本論の結論としたい。
     
     本論
     象徴天皇制における天皇の役割は、憲法六条と七条に以下のように定められている。
    「内閣総理大臣や最高裁判所長官の任命(第六条)」、「国事行為に関する行為(法令の発布、国会の召集、衆議院の解散、総選挙の公布、大公使の信任状の認証、刑の減免や復権の認証、栄転の授与、外交文書の認証、外国の大公使の授受、儀式)(第七条)」。これらの項目が現在の天皇が果たす役割である。
     このうち第六条に関しては「国会の指名」、「内閣の指名」に、第七条につい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。