十九世紀アメリカ文学とキリスト教

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数120
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    文学宗教

    代表キーワード

    宗教

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    《キリスト教から見る十九世紀アメリカ文学》
    緒論
    十九世紀のアメリカにおいては、国家体制を急速に整え始めた時期であったため、それに伴って当時の人々が精神的な不安に陥りやすい傾向にあったことは、ことさら強調するまでもない事と思われる。
     そのような急変する社会において、普遍的な心の拠り所であったはずの宗教は依然地位を保ってはいたが、もはや絶対的な価値観を保障するものではなく、内部ではプロテスタントへの異論が持ち上がりつつあった。
    しかし、このような社会の風潮に加えて、19世紀は市場主義経済の発達の影響下に文学を芸術と見なす傾向が生まれたため、本論文に取り上げるホーソーン・ポー・メルヴィルは作品に商品としての付加価値を加えなければならなかっただけでなく、従来の価値基準であったプロテスタンティズムに対し、どのような姿勢を取るかを作品によって示す必要があった。
    上の三者に宗教と人間を主題にした作品が多く、またその中心となっているテーマに注目すると、いずれも十九世紀にわかに急進した近代化により、変容し始めた信仰という問題点に集約される。
    そのようなキリスト教と人々の信仰の乖離といった問題を扱った..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。