憲法1 反改憲運動に対する所見

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数73
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    エッセイ

    代表キーワード

    エッセイ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    《反改憲運動の方向性について》
    日本で憲法改正が唱えられ始めたのは二〇〇二年で、その中に第九条の平和主義に関する改正も含まれていた。
     第九条に対する修正は平和主義の原理による制限を取り払い派兵による戦争の権利を国家に与えるものである。
     なお、日本ではこれまでにも憲法改正の動きが盛り上がりを見せたことが一度あったが、経済成長優先の気運が高まり、下火になっている。
     しかし今回の動きは着実に実現に向かっているといえる。そしてそれに伴い反改憲を指示する活動も強まり専門家、市民団体が積極滝に議論を重ねている。
     特に憲法九条は憲法改正において最も注目されているといえる事項であるが、それと同時に憲法改正に対する問題がメディアに取り上げられ、専門家等多くの手による関連書籍が発信されている。それ自体は望ましい在り方といえるものの、反改憲実現に向けた具体的提案を構想するための議論がそこには欠けているように思われる。
     現在改正の動きが出始めた二〇〇〇年から八年が経った現在に於いても関連書籍に多く見られるのは九条の「素晴らしさ」、「理想」を称揚するフレーズであり、近年は特に著名人による護憲のキャンペ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。