中国白話文学レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数166
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    感想文中国巨獣白象白話

    代表キーワード

    感想文

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    《巨獣-安南猟者のヒーローについて―》
    緒論
    「広記」四四一の「畜獣」、「象」の「安南猟者」は日本語で四頁弱の極めて短い小話である。
    ある日猟を生業としている男が眠っていると普通の象の培ほどの大きさの象がやってくる。象は男を背中に乗せると、象の群れがいるところまで素早く移動し、男を木の上に隠れさせる。やがて、そこに巨大な獣が現れ、白象が率いていた象の群から数匹の象を一飲みにする。白象の意をくんだ男が、放った矢で獣を仕留めると白象とその群れは咆哮して男に拝し、礼として象牙を進上した。
    この小話には人間と意思疎通が出来る白象や、その骨にあいている穴を人が通り抜けられたという巨獣が登場し、そうしたモチーフは他の白話にはない独特なものである。
    そのため、このような変則的な作品にも見られる普遍的特徴を揚げると同時に、本作品固有のヒーロー像も手がかりにしながら白話文学におけるヒーロー像を明らかにしていく。
    本論-一.
    まず、「巨獣」における独自性は、登場するキャラクターが他には見られない点にある。白話で異能者が姿を変えた形で登場する動物には狐、蛇、蟻等が見られる。これは、身近な動物であり、その中で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。