カフカ「万里の長城」レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数634
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    感想文中国

    代表キーワード

    感想文

    資料紹介

    《『万里の長城』への考察》緒論カフカ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    《『万里の長城』への考察》
    緒論
    カフカによる本作品は執筆年が一九一七年と推定されている。
    そのころカフカは中国の詩に興味を抱き、また当時の中国についての情報も収集していた。
    その結果、カフカは万里の長城という巨大なプロジェクトにおいて指導者と労働する民衆の共同作業に、計画に相応しくない組織編成と企画が挫折をもたらしたという見解を作品に提示している。
    本論文ではそのような、本作品生成の背景を概観し、一読しただけでは歴史小説以上のもののように思わない本作品が、カフカ独自のアレゴリーとして有している意味について考察する。
    カフカは自身の作品について解説を提示することが無かったため、現在なお複数の解釈が存在する作家としてしられている。
    しかし本作品に関しては後の研究により、比較的解釈のまとまっていると言うことが出来る。
    長城の建設が象徴する中国の絶対的権威による要請、そしてそれに対立する現実の不可能性の間の矛盾については主に二つの解釈があるといえる。
    一つは、池内紀の「ちいさなカフカ」、「万里の長城」の中で展開された、長城建設を官僚制機構のアレゴリーとしてとらえる説である。
    もう一つは の「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。