演習-書評「目覚めよと人魚は歌う」書評

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数129
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    感想文言葉小説記憶

    代表キーワード

    感想文

    資料紹介

    目覚めよと人魚は歌う【薯】星野智幸

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    言葉の不確実 存在の確実 ――星野智幸『目覚めよと人魚は歌う』――
                                     
    言葉は人を表すことができない。この小説は言葉そのものを否定するテーマを扱う。それどころか、言葉を介する意思伝達もまた不完全だと指摘する。
     このテーマを物語るのは暴行事件を起こし恋人と逃亡することになった日系ペルー人の青年ヒヨヒトである。
     ヒヨヒトは恋人との記憶に生きる糖子とその息子そして丸越という男が疑似家族として暮らす非日常的な空間に入り込む。
     そこで幾度も過去を反芻するヒヨヒトが試みるのは分裂した自分の接続である。
     自分の状態をヒヨヒトはこう分析する。
    「いかなる仕組みで間違いの先に間違いが継がれるのかは、どうしてもわからない。自分が起こした事件なのに、もう他人事のように感じる。」「時間がいくつもの粒のように浮いていて交わらず、無数のヒヨがその一つひとつの中に閉じ込められている。このすべての仕組みを理解しないと、自分はばらばらなままだ、」
    ペルーにいた自分、日本に暮らす自分、事件を起こした自分、自分が無数に分裂してしまっている。
    糖子もまた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。